2007-03-27

人が忙しい時に限って空は、



とてつもなくきれいだったりするので、困ります。
部屋着の半分パジャマみたいな格好を脱ぎ捨てて、温かい格好をして、バイクに跨がり、さっそうと村の一番高みのサン・ロレンツォの丘まで行って、写真を撮れば、今、窓の外を横切りつつある雲が、今のままの色を保ったまま、そう、あの何とも言えない、何とも言えないから写真でトルしかない、色をきっとまだ保ったまま、丘の上にいてくれるだろうに、、、、しかし、あの色は何だろう、いわゆる雲の白ではない、青みがかかっているのはまちがいないけど、何か金属を思わせるような、すこしくすんだ青。 水色というには暗くて、ねずみ色というようなネガティブなトーンじゃなくて、間違いなく、質感はあるのに、金属っぽくもあるのに、透明感もあって。青とブロンズを混ぜて、薄く伸ばしたものの後ろからライトを当ててみた感じ、、、とも違う。何かに似ているようで、具象の例は浮かばない、あえていうならば、いつかの心模様とも似ているけど、それがいつどこで感じたものだかは分からない。明るいか暗いかと言われれば、間違いなく暗いんだが、では暗い冷たい色なのか、と言われると、やはり雲は柔らかなものだから、どこか血が通っているというか、温もりがあるというか、いやちがう。暖かくもないが、暗くはない、生きている、それは間違いない色なのだ、、、、

とごちゃごちゃ考えている間に、雲は窓枠のフレームを去り行き、その一瞬しか、何万年に一度も正確に同じ色はきっとないだろう、あの色は消えてなくなりました。こうして、いつも僕の前をシャッターチャンスは去って行くのです。

思考のスケッチというジャンルがあるのか知りませんが、メモ代わりにそのまま五分間の思考の同時通訳をアップしてみます。読みづらいでしょうが。

写真は先日の空、窓から。

8 comments:

  1. 12inch iBookでみてるけど
    写真、縦長700ピクセルは小さな画面にはやはり大きすぎるようだな、、、次からはやはりミクシーと同じ600ピクセルにしよう。

    Bibiさんへ
    イタリア語モードで現在みていますが、
    コメント入力欄の下は
    Scegli un`identita
    ○Google/Blogger ○Altro ○Anonimo
    という選択欄があり、デフォルトでは左端が選択されています。名前を入れたい場合は中央のaltroを選択してみてください。

    あ、もしかすると、Pubblica Commento押してもだめかも。

    ReplyDelete
  2. 問題ありませんね。

    ReplyDelete
  3. あ、大丈夫だったみたいですね。やれやれ。色々とお世話をおかけしました。

    ReplyDelete
  4. やあ、良かった。
    これで、返信が合った場合はメールか何かで投稿者にも連絡されるといいんですけどね。その点で、ミクシィには負けますね。ソーシャル・ネットワークではありませんから。

    ちなみに管理人である僕には、誰かが投稿してくれるたびに、逐一メールで連絡があります。コメントも全文とどくので、その点はミクシィよりも使い勝手がいいのですが。

    ReplyDelete
  5. やっとコメントの投稿の仕方がわかりました(笑)イタリアは、いろんな青があるなあと
    思いますが、この青っぽいようなグレーのような、、。美しいですねえ~

    ReplyDelete
  6. コメントありがとうございます(どなたでしょう、、、)
    ちなみに写真の雲の色は、本文でごちゃごちゃ言っている雲の色とは全く違います。

    やはりみなさん、コメントの書き込み方で戸惑われるみたいですね。これは、ガイドを作らねば、、、

    ReplyDelete
  7. コメントガイドを作りました


    分かりにくいですよね。
    一覧表示の時は、本文タイトルをクリックすると、本文と投稿済みコメントが同時表示されるというのも最近わかりました。

    ReplyDelete