2008-06-24

これ、僕じゃありませんから

ブログへの来訪者データを見ていて、Googleから「フィレンツェ、亮介」のキーワードできている人がいることに気がついた。なんだフィレンツェにもオレと同じ字の亮介が住んでるのかな、、、と思って検索してみると、大聖堂の落書についてのニュースにぶつかった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080624-OYT1T00570.htm

写真の右端に「亮介」と縦書で、刻まれている。こりゃ、マジックペンの女子大生よりたちが悪い(笑)オレはこういうことしないし、迷惑な話だ、と思って画像を見れば、何だか自分の書き癖にそっくり。不気味だ。名字らしき「木」の文字が見えているから、名字が「田」で終わる自分のはずはないのだが、、、なんだかなあ。

こんなのも十数世紀過去の筆跡なら、貴重な史料なんだろうけど、(wikipedia 古代ローマにおける落書)今やったらただの迷惑。

まあ、イタリア人もやるんだけどね、こういうこと。ただ漢字は余計に目立つね。x木亮介くん、止めなさい。僕が恥ずかしいじゃないか。

【追記】
亮介の部分を拡大してみると、どうやらx木ではなく、x村とか、木偏の字のようだ。どうでもいいんだけど。

No comments:

Post a Comment